二世帯で暮らす場合

戸建住宅で二世帯同居をする場合には、 生活空間を分離するか、共有するかを決める。

リノベーションをすることによって、親子が同じ住まいで暮らす二世帯住宅を、より暮らしやすく、より快適にすることができます。戸建住宅をリノベーションして二世帯住宅にする場合は、生活空間を親世帯と子世帯で完全に分ける方法と、生活空間を二つの世帯で共有する方法を選択できます。

二つの世帯で生活空間を完全に完全に分ける場合は、玄関、キッチン、浴室などをそれぞれの世帯の好みを活かして、リノベーションをしていくことも可能です。生活区間を共有する場合ですと、どのような住まいにするのかをきちんと話し合って、一つひとつの部屋・場所をどのようなスタイルにするのかを、ていねいに決めていくことが大切です。

また、生活空間を共有する場合は、トイレを別々に分けたり、小さなキッチンを増設したりするといった工夫をすれば、必要以上に気を遣ったりすることなく、お互いが気持ち良く暮らせる住まいになるでしょう。

二世帯住宅をマンションで実現させる場合は、広い物件を選ばず、別々に住むという方法も。

難しいのは中古マンションをリノベーションして二世帯住宅にする場合です。一つの空間に二世帯が同居することになるので、購入する中古マンションには、それなりの広さが必要になります。リノベーションは空間をスケルトンにして、間取りから自由に空間づくりができるというメリットがありますが、マンションの場合は玄関、バスルーム、トイレなどを新たに設けるといったことはできませんので、生活空間を二つの世帯で完全に独立させることは不可能です。「できれば一緒に住みたいけれど、お互いのプライバシーを確保したい」ということであれば、親世帯と子世帯が同じ中古マンションの別々の部屋、または近隣の別々の中古マンションを購入するという手段もあります。

一般的に、親世帯のほうが予算に余裕がある場合も多いので、まずは親世帯が広い部屋を購入し、子世帯は小さな部屋を購入します。そして、子世帯に子どもができたりするなどの変化があった場合に、部屋を交換するのも良いでしょう。二つの部屋が不要になれば、一つを売却したり、賃貸にしたりすることもできます。リノベーション物件ということになれば、市場価値も上がっているので、その分だけプラスの収益が見込める可能性もあります。名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」にお越しいただければ、ご希望に合った二世帯住宅のプランをご提案します。経験豊富な設計士が、資金計画の段階からサポートしますので、ぜひ一度ご来場ください。