スタジオ・ホームシアターをつくる場合

音楽を楽しむための防音対策をする場合、 どんな音や振動を防ぐ必要があるのかを考える。

賃貸住宅に住んでいて、音楽や映画が趣味という方のなかには、隣近所への配慮もあって、思う存分に趣味を楽しむことができなかったという方も、少なからずいらっしゃるものと思います。リノベーションで新たな住まいをつくるときは、思う存分、趣味を楽しめる空間づくりにこだわってみましょう。

楽器を演奏したり、映画や音楽を楽しむためには、スタジオやホームシアター、リスニングルームになる空間に、入念な防音対策を施すことを検討してみてください。防音対策をするうえで、まず考える必要があるのは、「どのような音や振動を遮る必要があるのか?」という点です。楽器を演奏するという場合なら、楽器の種類によって音の大きさ、振動の大きさなどに違いがありますので、楽器の種類に合わせて、最適な遮音性能や防振性能を持つ内装材を用いる必要があります。せっかくリノベーションでつくりあげた空間も、苦情によって利用できなくなっては残念ですので、設計士や業者と一緒に慎重に防音対策に取り組みましょう。

考えておかなければならないのは、 防音対策だけではない。

リノベーションでスタジオやホームシアター、リスニングルームをつくる場合は、防音対策の他にも考えなければいけないことがあります。たとえば、グランドピアノや大型のスピーカーなどを設置する場合には、床がそれらの重量に耐えられるように設計しておく必要があります。また、リノベーションの前に物件を購入する必要がありますが、大きなピアノやスピーカーをどうやって搬入するかも考えておかなければなりません。クレーン車を停めることができるのか?廊下から搬入できるのか?どのようなタイミングで搬入するのか?など、しっかり考えておきましょう。

リスニングルームやホームシアターをつくる場合、スピーカーを壁や天井から吊り下げたり、埋め込んだりすることもあると思います。そのような場合は、スピーカーの取り付け場所を補強する必要があることを忘れないようにしましょう。スピーカーケーブルや電源コードの通し方、コンセントの位置などは、移動や交換がスムーズにできるように設計する必要もあるでしょう。音楽や映画を楽しむためのリノベーションも、経験豊富な設計士が揃う名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」にお任せください。