熟年世帯の場合

熟年夫婦が楽しく、快適に暮らすために、ムダを省いた、ゆとりのある空間づくりを。

子育ても、仕事もひと段落し、これから夫婦二人だけでの暮らしを始めるといったような熟年世帯の場合、リノベーションで自分たちだけの新しい暮らしの空間をつくることをおすすめします。二人で暮らすのに十分なスペースの中古マンションなら手頃な価格で入手することもできますから、コストを抑えて余ったお金を別のことに使うこともできます。既に住まいを所有している場合はリノベーションの費用だけで済むので、ムダがありません。

また、リフォームは傷んでいる場所、古くなっている場所を修繕することが主な目的となりますが、リノベーションは間取りから設備までを一新してしまうので、これからの新しい暮らしのスタートに最適な選択といえます。二人では多すぎる部屋を減らし、ゆとりのある空間をつくる、廊下を広くして手すりをつけたり、将来は車いすになったときにも対応できるようにするといったことも、リノベーションならしっかり対応できます。

住まいを間取りから一新することが、 第二の人生をゆたかにするきっかけに。

リノベーションは先ほども触れたように、空間を丸ごと一新して新しい住まいをつくりだす作業ですから、キッチン、ユニットバス、配管、設備などもすべて新しいものに取り替えることができます。長年使ってきて調子が悪くなったものはもちろん、使い勝手を改善したい部分を新しくしたり、省エネ対策に取り組んだりすることも一度に実現させることができます。バス、トイレ、給湯器、エアコン、照明などを新しいものに入れ替え、断熱対策をしっかりすれば、大幅な省エネ効果が期待できるので、節約したお金で旅行を楽しむということもできるかもしれません。

また、新しい空間をイチからつくりあげていくので、これまでは実現できなかった趣味のスペースを設けるといったことも可能です。そういった意味で、リノベーションは第二の人生をゆたかなものにするきっかけになります。これからもっともっと楽しく暮らせる住まいを実現するために、名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」では、設計士が資金計画からしっかりサポートします。興味のある方はご夫婦一緒にご来場ください。