子育て世帯の場合

子どもを育てるためにはお金が必要。
だからこそ、コストを抑えた住まいに。

子どもが生まれてから、現在の住まいは住みにくく感じるようになった。もっと広い住まいに引っ越したい。そんな風に考えはじめている子育て世帯には、将来のために大切なお金の負担を抑えながら、暮らしやすさ、子育てのしやすさを実現できるリノベーションが向いています。子育てにはお金がかかるものですが、小学校、中学校、高校と子どもが進学していくにつれ、必要になるお金はさらに増えていきます。

子どもが増えると、当然その分だけお金が必要になっていくので、新しい住まいにかけるお金はできるだけ負担を少なくしておきたいものです。手頃な中古マンションを購入し、自分たちが暮らしやすい空間を、予算に合わせてつくりあげていけるリノベーションは、暮らしの問題、子育ての問題、お金の問題を一度に解決するベストな選択肢となるはずです。

子どもが成長し、独り立ちすることを念頭に置いてプランニングをしておく。

子育て世帯のリノベーションは、子どもと一緒に過ごす空間づくりを第一に考えて進めていく必要があります。間取りをイチから考えるところがスタート地点になるため、将来を見すえて、その時々で臨機応変に空間を変化させられるよう、準備をしておくことが可能になります。

たとえば、フリースペースを設けておいて、子どもが大きくなると子ども部屋に変え、子どもが独り立ちすれば、二人で過ごす和室スペースに変えるとなどといったことができるのも、リノベーションの大きな魅力です。

また、子どもが小さい間の数年間のことも考えて、いたずらをしても掃除や修繕が簡単にできる床在、壁材を選ぶこともできますし、天井にブランコを取り付けたり、壁面に自由に絵を描けるようにするなど、アイデア次第でどのような空間もつくりだすことができます。親の目線と子どもの目線、二つの目線で空間づくりを楽しむことが、子育て世帯のリノベーションの成功の秘訣かもしれません。名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」では、子育て世帯のリノベーションの豊富な実績を持っています。分からないことはどんなことでも、設計士がていねいにお答えしますので、何でもご質問ください。