自宅を店舗にする場合

中古物件を検討・購入する段階で、 「店舗に適した物件かどうか?」を考える。

リノベーションは空間を間取りから丸ごと新しくしてしまうことができるため、これまでは想像するだけで終わっていたようなことも、現実のものにすることができます。たとえば、これまではスペースや設備の問題であきらめていた「自分のお店を持ちたい」という夢も、リノベーションを機にかなえることもできます。自宅兼店舗のリノベーションを成功させるためには、マンションであれ戸建住宅であれ、まずは購入する物件が「お店を始めるのに適した場所かどうか」というところから考える必要があります。

趣味程度で始めるお店であれば、自宅としての利便性を重視しても大きな問題はありませんが、お店を事業として運営していく場合には、やはり収益を考えなければなりません。また、店舗をオープンすると不特定多数の人々が訪れることになるため、近隣の方への配慮も必要になります。したがって、業態・業種に合った地域性、利便性なども考えながら、慎重に物件選びを進めていきましょう。

自宅としての空間と、店舗としての空間を バランス良く、しっかりと分けるプランニング。

自宅を店舗にするリノベーションでは、業種・業態を問わず、自宅としての空間と店舗としての空間をしっかり分けるプラニングが大切です。どんなにステキな店舗空間ができたとしても、プライベートな部分が見えてしまうようでは、来店されたお客様に与える印象があまり良くありません。2階建ての戸建住宅をリノベーションして自宅兼店舗にする場合なら、1階部分を店舗に、2階部分を住居にするといった具合に、生活空間と店舗空間を完全に分離することもできます。

ただし、店舗部分にスペースを使いすぎて、肝心な自宅部分のスペースが犠牲になってしまうようなことになっては、生活に支障を来すことにもなりかねませんので、バランスの取れたプランニングを心がけてください。

なお、店舗部分の床在や壁材はたくさんの人が訪れることを想定して、耐久性があり、メンテナンスがしやすいものを選ぶほうが無難です。想い描いているイメージ通りにいかない場面も出てくると思いますので、設計士としっかり相談して、協力しあってリノベーションを進めていきましょう。自宅兼店舗のご相談も、名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」の設計士がしっかりとご相談に対応し、ベストなプランをご提案します。