自宅をオフィスにする場合

オフィスは「仕事場」である以上、 仕事のしやすさを重視した空間づくりを。

自営業者の方や在宅勤務、直行直帰のスタイルで働く会社員の方などは、自宅の一室をオフィスとして利用されている場合も多いと思います。新たな住まいをリノベーションでつくる場合、お仕事に最適な理想のオフィスを手にする大きなチャンスと言えます。リノベーションで自宅にオフィスとして使える空間をつくる場合は、言うまでもなく「仕事のしやすさ」を重視することがポイントです。

デスクやパソコン、収納などの位置や大きさ、レイアウトを考えたり、コンセントの位置や数を決めたりするというのが基本中の基本ですが、仕事に集中しやすくなるような壁や床の色・柄を考えたり、照明の色などにも気を配ってみると良いでしょう。パソコン、プリンタ、インターネットの回線などの配線がむき出しになるのを防ぐために、床下にケーブル類を通すなどの工夫をするのもおすすめです。同時に、しっかりと収納スペースを確保することができれば、雑然としたオフィスになることを防ぐことができます。

プライベートな空間とオフィス空間で、 しっかりとメリハリをつけることも必要。

間取りのプランニングからスタートできるリノベーションで、自宅にオフィス空間をつくる場合の大きなメリットのひとつが、プライベートな空間とオフィス空間とをしっかり分けることができるという点です。いわゆる「SOHO」の大きな悩みは、自宅兼オフィスであるが故に、どうしても仕事への集中が難しくなってしまうという点ですが、そのような問題もリノベーションをすることで大きく改善できる可能性があります。

オフィスとして利用する空間は、なるべくリビングやキッチンから離れた場所にするのが良いでしょう。お洒落なオフィスで仕事をしたいという方も多いと思いますが、オフィス部分はシンプルで落ち着いた雰囲気の空間にして、プライベートな空間のデザイン・コーディネートに徹底的にこだわるのも良いでしょう。そうやってメリハリを作ることで、オフィス空間とプライベート空間の切り分け、気持ちの切り替えが上手くいく場合もあります。実際に、リノベーションでどのような空間づくりをするのかについては、名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」の設計士に、理想をしっかりとお聞かせください。