空き家・古民家をリノベする場合

全国で800万戸を超える「空き家」。
有効活用して理想の暮らしを手に入れる。

コストを抑えながらも、自由に理想の住空間をつくることができるリノベーションをするために、最初に必要なのは中古物件の購入です。どのような物件を購入するかによって、コストは大きく変わってきますが、物件の購入にかかるコストをできるだけ抑えたいのであれば、空き家を探すという方法もあります。空き家と聞くと、「傷みが激しいのではないか?」という印象が強くなりますが、リノベーションは住まいをいったんスケルトンの状態にしてから新たに空間をつくりだすという作業になるため、部屋の状態などはさほど気にする必要はありません。

ただし、戸建住宅で基礎や柱、梁などの基本構造部分の傷みが激しい場合は、別の物件を探すほうが良いでしょう。空き家になっている物件は古い物件であることが多いので、断熱・気密対策はしっかりと行っておきましょう。断熱・気密対策の程度によって、光熱費や快適性に大きな差が出てきます。現在、空き家は全国で800万戸を超えると言われており、空き家の有効活用を促す団体や業者が存在していますので、興味があれば話を聞いてみましょう。

「田舎暮らし」への憧れがあるなら、 本物の古民家を手に入れる方法もある。

若い世代を中心に、高い人気を得ているのが「古民家風」の住まいですが、思い切って本物の古民家を手に入れて、暮らしやすい空間にリノベーションするというのもひとつの手段です。いわゆる「田舎暮らし」を希望しているような方の場合なら、興味のある地域の古民家を探してみてください。驚くほど手頃な価格で手に入る物件が、数多く存在していることに気付くはずです。物件購入にかかるコストを大幅に抑えて、自分だけの空間づくりに力を入れられるのは大きな喜びになるでしょう。

古民家をリノベーションする場合の大きなポイントは、「良いところは残す」ということ。大きな柱、土間スペース、残されていた家具など、気に入ったところは積極的に残し、新しい空間に活かすことで、味のある空間に仕上がります。柱や梁などが古いことから、強度などが心配かもしれませんが、古民家の柱や梁は頑丈なものが多いのです。

そして、現在ではとても価値のあるものとして扱われるほどですから、積極的に残していくのが良いでしょう。自分だけのリノベーションを成功させたいとお考えの方は、名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」に一度お越しください。