中古住宅との比較

中古住宅にそのまま住むと、
後でコストがかかる可能性がある。

できるだけコストをかけずに、名古屋でより良い住まいと暮らしを手に入れたいと考える際に、検討されるのが中古住宅の購入です。言うまでもなく、中古住宅は新築住宅よりも価格は低いため、購入しやすくなります。住まいの購入の優先順位で「予算」を最優先にする場合は、中古住宅を購入してそのまま住むのが良いように思われます。ところが、中古住宅の購入は後のことまでを考えると、必ずしも満足度の高い買い物になるとは限りません。

中古住宅は新築住宅とは違って、傷んでいる部分がどこかに必ずあります。築年数が経過している中古住宅ほど、修繕が必要になる可能性が高く、それなりの修繕費も必要になってきます。壁紙を貼り替えるくらいで住むならまだしも、配管が老朽化してしまっている場合や、間取りの変更が必要な場合になってくると、中古住宅を購入したことを後悔することにもなりかねません。さらに、そういった問題が起こるかどうかは、実際に住んでみないと分からないのが現実です。そのように考えると、中古住宅を購入してそのまま住むということより、中古住宅を購入してリノベーションをするほうが賢い選択です。

リノベーションで新築と同等の状態に。
物件としての市場価値も大幅にアップ!

立地条件も良く、安心して住める中古住宅を購入しようとすれば、名古屋の人気エリアの築浅物件を探すことになるはずです。ところが、そういった物件は思ったほど値段が下がりませんから、それなりの予算を組んで購入しなければならなくなります。それだけの予算が組めるのであれば、築30年くらいでこなれた価格の中古マンションを購入して、自分の思い通りの住まいにリノベーションしてしまうほうがはるかにお得です。リノベーションなら空間を全面的に一新してしまうので、建物そのもの以外は新築と同等の状態になります。

新築マンションの場合、間取りを自由に設計したり、内装や設備にこだわったりすることもできませんが、リノベーションなら予算の許す限り、何でも自由自在です。さらに、空間や設備のすべてを一新することによって、物件としての市場価値を上げることができるというメリットもあります。名古屋で中古住宅の購入を検討している方は名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」で、「どちらがベストな選択か?」を考えてみてください。