トラブル回避のポイント

契約内容は必ず書面にして残し、 契約書の内容をきちんと確認する。

想い描いていた理想の住まいで、家族みんが笑顔で暮らすためのリノベーションですから、できる限りトラブルの発生は避けたいものです。とは言え、リノベーションは「家づくり」という大きなイベントであることから、プランニングや工事の途中に、小さな問題がいくつか発生してしまうこともあるでしょう。リノベーションの途中で発生する小さな問題は、その都度きちんと対応することで、大きな問題にならずに解決できるものと思います。厄介なのは、後になって「たしかに言った」「聞いていない」といった事態が起こることです。

そういった厄介なトラブルを避けるためには、契約内容や打合せの内容を、きちんと書面として残し、その内容を細かくチェックするということが欠かせません。工事の内容、設備や建材の仕様や金額、工事完了や支払いの期日などの重要な内容は、契約書などの書面に記載されているはずですので、その内容を確認し、分からないことは納得いくまで問い合わせてみることが大切です。

多くの人が関わるリノベーション。 誰と何を話したのか?はきちんと記録する。

リノベーションが始まると、業者の営業担当や設計士、現場監督など、たくさんの人たちと関わりを持つようになります。そして、計画が進むにつれて、打合せや現場の確認など、その時々で会って話をする人が違うといった場面も出てきます。すると「あのとき、あの人に伝えたことができていない」「あの人は聞いたかもしれないが、私は聞いていない」そういったトラブルが起こりやすくなります。ですから、いつ、どこで、誰と、どんな話をしたのか?について、きちんと記録を残しておくようにしましょう。窓口となる営業担当者のような方がいる場合には、誰とどんなことを話したのかを、その方に必ず伝えておくことも忘れないようにしておきましょう。

業者によっては、打合せ内容を書面にまとめて確実にやり取りを行う場合もあります。それでも、できる限りトラブルの芽を摘むために、自ら進んで記録を付けるよう心掛けておくと良いでしょう。名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」にご相談いただければ、安心してリノベーションを楽しめる業者をご紹介します。