リノベーションとは?

既存住宅の躯体部分を活かして
新たな住空間を作るリノベーション。

「そろそろ自分たちの家が欲しい」と、初めての住まいの購入を検討し始める20代~30代の方から、住み替えを検討する中高年の方まで、幅広い世代から注目を集めているのがリノベーション住宅です。流行のシンプルモダンやカフェスタイル、自然素材を活かしたナチュラルテイスト、ポップな色使いがオシャレなアパルトマン風など、ご家族ごとの好みやライフスタイルに合わせて、自由自在に理想の住まいを創造できるリノベーションの人気は、名古屋でも確実に広まってきています。

世代を問わず注目されているリノベーションは、英語の「renovation」という言葉が語源で、日本語に訳すと「刷新」や「改善」といった言葉になります。具体的には、中古の戸建やマンションといった既存住宅について、その躯体部分だけを残した状態にしたうえで、まったく新しい住空間・住環境を作り出すことを言います。あと数年の間に、名古屋でリノベーション住宅を見かける機会は、相当増えることになるのではないでしょうか。

既存物件をベースに理想の住まいを実現し、
環境・資源・家計に優しいストック型社会へ。

これまでの日本で、自分たちの想い描いた通りの住まいを実現するには、完全自由設計の注文住宅を建てるという選択肢しかありませんでした。しかし、リノベーションに対する注目や期待が高まることによって、既存物件をベースにして理想の住まいを実現するという選択肢が新たに生まれることになりました。これまでの日本の住まいの平均寿命はわずか30年という短いものでしたが、リノベーションが盛んになることで、住まいの長寿命化への期待も膨らんでいます。それは「価値あるモノを大切に、できるだけ長く使う」ことで無駄を減らし、資源を守り、家計にも環境にも優しい“ストック型社会”を実現することにもつながります。このようにして見ると、リノベーションとは、ただ単に既存物件を使って暮らしを楽しむというだけのものではなく、これからの新しい日本の社会や街並みを築いていくという、大きなを役割を担っていることが分かります。