リフォームとの違い

古くなり、傷んでいる部屋や建物を
新築時の状態に修復するのが「リフォーム」。

世の中には「似たような意味を持つ言葉」がたくさんありますが、そのうちの一つに当てはまるのが、リフォームとリノベーションです。この2つの言葉はそれぞれ、古い部屋や住戸、建物に手を加えて、より良い住環境を作り出すといった意味を持っています。しかし、厳密に言うとこの2つの言葉はまったく違うものなのです。 住まいや暮らしに関わる言葉として、名古屋の皆さんにもすっかりお馴染みになっているリフォームとは、基本的に、古くなって傷んでいる部屋や建物を、新築時と同様の状態に修復する工事のことを指すことが多くなります。たとえば「壁紙を貼り替える」「システムキッチンなどの設備機器を取り替える」「壊れた部分を修理する」といったようなことになります。大がかりなものになると、「小さな2つの部屋を、大きな1つの部屋にする」といった工事などもありますが、やはりリフォームを行う動機や主な目的としては、「古くなった」「暮らし方が変わった」というマイナスの状態をリセットすることにあります。

基本構造以外をすべて一新。
基本性能と市場価値を高めるのが「リノベーション」。

一方のリノベーションはリフォームに比べると、工事の規模や内容が明らかに大きなものになります。リノベーションをする場合、部屋や建物は基本構造以外の部分を一度取り壊したうえで、間取りをイチからやり直すだけでなく、設備や配管、配線なども含めてすべてを一新することになります。したがって、リノベーションなら、リフォームでは実現できないような、理想の住空間を作り出すことができるのです。さらに、新築住宅でも重要視されている断熱・気密性能や耐震性能といった、住まいの基本性能を根本から直し、向上させることができるのも、リフォームとの大きな違いになります。

先ほどもお話しした通り、リフォームはマイナスの状態をリセットし、原状回復を目指すための工事ですが、リノベーションは空間や建物の基本構造以外を一新し、新築時を上回る性能と価値を持たせるための工事ということになります。似たような意味を持つ言葉として認識されている2つの言葉ですが、実はこんなにも大きな違いがあったのです。