リフォームとの比較

部屋単位の修繕で満足できるなら、
リフォームという選択肢もあり。

「いま住んでいる家をリフォームしたい」あるいは「名古屋で中古住宅を購入してリフォームをしたい」とお考えなら、リフォームではなくリノベーションを検討することをおすすめします。リフォームは修繕を目的としたものであるのに対して、リノベーションは新たな住空間を創造する作業です。リフォームの場合、リビング、キッチン、バス、トイレといった具合に、部屋単位で修繕を行うのが前提になります。不満がある場所、壊れた場所を新しくする、元にもどすといった作業になるため、キッチンはキレイになったけど、他の部屋は元のまま・・・という状態になるのも当然です。

また「お風呂は広くなったけど、その分だけ脱衣所が狭くなってしまった」といった問題が出てくることも考えられます。そうなってくると、住まい全体の調和が取れなくなりますし、暮らしやすさを犠牲にすることにもなります。また、住まい全体の市場価値を上げることは難しくなってきます。

何度もリフォームを繰り返すより、
住まいを作り替えるほうがお得な場合も。

一方のリノベーションは、住まい全体を新しく作り替えるという作業になるため、一度に住まいの全てが生まれ変わります。住まい全体で間取りの見直しをすることもできるため、「どこか一つの部屋が新しくなる」というレベルではなく「暮らしそのものが新しくなる」ということになります。「リノベーションをすると費用が高額になるのでは?」という意見もありますが、キッチンの次はバスルーム、その次はトイレ、その次にリビングといった具合にリフォームを何度も繰り返すなら、一度にリノベーションをするほうがトータルの金額で考えるとコストを抑えることができるかもしれません。

とくに、いま名古屋で住んでいる住まいやこれから購入する物件がマンションなら、リフォームよりもリノベーションが断然有利になります。リノベーションは住まい全体の性能を上げることになるため、住まいの市場価値が大幅にアップさせることができ、売却したり、賃貸物件にしたるする際にも非常に有利になります。そういったコスト面からの分かりやすいアドバイスなどをご希望でしたら、名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」にお気軽にお越しください。