新築との比較

「新築」には大きな魅力を感じるものの、
実際には妥協や犠牲が必要になることが多い。

念願だった住まいを建てる、購入するといった場合、多くの方の憧れになっているのが「新築」の住宅です。マンションであれ、戸建てであれ、「新築」という響きはやはり魅力的に感じられるものです。いま、名古屋で中古住宅を購入して、思い通りの住空間を作り出すリノベーションをしようとお考えの方の中にも、新築住宅と迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 新築住宅を購入する場合、当然ながらすでにその物件が建っている、あるいは建設予定のエリアで生活をすることが前提となります。通勤、通学、買い物、レジャー、周辺環境などといった条件にピッタリのエリアの物件なら良いのですが、すべてを満たしてくれる新築物件に出会う機会は、名古屋でもそう多くはありません。条件の良いエリアに住もうと思えば、その分だけ価格が上がってしまうため、予算の面でまた悩みが増えてしまうことになります。さらに、面積や間取り、設備、仕様などは予め決められているので、妥協や犠牲が必要になる場合も多々あります。

想い描いた住まいと暮らしを
手に入れるならリノベーションが最適。

建売住宅やマンションでは思い通りにならないので、イチから思い通りの住まいづくりができる「自由設計の家」を建てようと考えても、それはあまり現実的でない場合も多いようです。まずは何と言っても予算の問題です。先にお話しした建売住宅やマンションと同様に、理想とするエリアや住環境を手にしようとすると、名古屋でも土地代が非常に高額になることが考えられます。また、デザインや間取り、設備などにこだわろうとすると、一気に価格が上がってしまうのも自由設計の住まいづくりの特長です。 建売住宅、マンション、自由設計の家のいずれの場合も、ある程度は基本的な形が決まっているので、本当に個性的な住まい、理想を実現する住まいをつくるというのは、なかなか難しいのが実情です。それでは、リノベーションの場合はどうでしょうか? 中古住宅を購入してリノベーションをする場合、ベースとなる「空間」を購入すれば、一度空間をスケルトンにして、すべてを思い通りにアレンジすることができます。また、中古住宅ならライフスタイルに合ったエリアで、手頃な価格帯から探すことができるということも大きなメリットになります。そのように考えると、住む人の個性やライフスタイルを重視した住まいを手に入れるなら、新築住宅よりもリノベーションのほうが有利ということになります。