マンション購入のポイント その1

できること・できないことを、 管理規約で必ずチェックしておく。

マンションのリノベーションの成功を大きく左右するポイントで、最初に注意しておきたいのは「物件選び」です。物件選びの際に見落しがちなのは、マンションの管理規約です。管理規約はマンションに住むためのルールが定められていますが、その中に「フローリングの工事は禁止」などという決まりがある場合があります。フローリングを歩く足音で、階下の方に迷惑がかかる恐れもあるからです。そうなると、「床は無垢材をのフローリングに・・・」といったような理想があっても、それを形にすることはできなくなってしまいます。

もちろん、名古屋にもそのようなマンションはありますので、仲介会社や管理会社に確認しておきましょう。そこまで厳しくない場合でも、工事の時間帯を制限される場合もありますので、工期の調整に十分な配慮が必要になります。共用部分についての決まりについても十分に確認しておきましょう。通常、サッシやベランダ、玄関ドアなども自由に工事を行えない部分になりますので、その辺りも考慮に入れてプランニングを進めることが大切です。

いつ建てられたマンションなのか? 修繕を行っているのか?も要チェック。

マンションのリノベーションでは、マンションの耐震性能をチェックすることも大切です。戸建住宅ならリノベーションの工事と同時に耐震補強を行うことも可能になりますが、マンションの場合はそうはいきません。1981年(昭和56年)6月に施行された「新耐震基準」に適応しているマンションを選ぶことが基本です。
とは言え、1981年以前に建てられたマンションでも、その後に耐震補強工事が行われている場合もあります。その点も専門家や不動産業者などと相談しながら、物件選びを進めて行きましょう。なお、築年数が古い物件はコストを抑えて購入できるという魅力がありますが、配管工事などの大規模改修が迫っているようであれば、避けるほうが良いでしょう。せっかくリノベーションをしたのに、配管を全て入れ替える・・・などといったことになっては、無駄になってしまいます。そのためにも、修繕履歴あるいは修繕計画を予め調べておくことも大切になります。

また、修繕については、入居後の修繕積立費が必要になると思いますので、その金額がいくらになるのかを知っておきましょう。ローンの支払いとの兼ね合いも見ながら、物件を選択しなければならないからです。名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」は、名古屋での物件探しの段階からアドバイスします。