長持ちさせるためには?

「自分でできるメンテナンス」が住まいを長持ちさせる大きなポイント。

名古屋でリノベーションをする方の多くが、床や壁の素材選びにこだわります。床や壁は空間全体の印象を決定づける重要な要素ですから、それは当然のことでしょう。こだわり抜いて選んだ床や壁ですから、できるだけリノベーションをした当初の状態を長く保ちたいものです。そうなると、やはり欠かせないのはメンテナンスです。たとえば、フローリングの床のメンテナンスとして欠かせないのは、ワックスがけです。名古屋でもホームセンターに足を運ぶと、フローリング用のワックスがいくつか並んでいます。ワックスは用途、成分、使い方などさまざまですので、自宅の床の材質や色、施工の手間などを考えながら選ぶようにしましょう。とくに、無垢材のフローリングにしている方は、天然素材を成分としたワックスを選ぶようにしてください。自分でワックスを施工した後の床のツヤ、手触りとその感動を一度でも知ると、面倒なワックスがけが楽しくなってくることと思います。

また、長い時間をかけてイメージを膨らませて、文字通り「世界に一つしかない住まい」を作るという他にはない醍醐味を実感できるのも、リノベーションならではのメリットと言えます。リノベーション済みの中古住宅や賃貸住宅で、果たしてそれらのメリットを実感し、高い満足感を得ることができるでしょうか?「かっこいい住まいが欲しい」「流行りの住まいに住みたい」という欲求は満たされるとは思います。しかし、「自分たちだけの理想の住まい」「世界に一つしかない住まい」を手にすることにはなりません。その部分にこだわりたいなら、自らの想いを反映させた住まいを、リノベーションをすることでかなえて欲しいと思います。

「難しそう」と思うことにも挑戦。
住まいを守り、育てる喜びが味わえる。

リノベーションで壁にこだわる方に人気があるのが、漆喰等の塗装です。漆喰の壁は部屋の湿度を最適な状態に保ってくれますし、自然素材のため体にも優しいという特長があります。白だけでなく、さまざまな色が選べることや、優しい雰囲気を演出してくれることから、漆喰の壁は名古屋でも人気があります。ところが、漆喰の壁はひび割れが生じやすく、汚れた場合に拭き取ったりできないという問題があります。

ただし、「漆喰はそういうもの」と最初から理解していれば、後で大きな問題にはなる心配はありません。漆喰はプロに頼まなくても、自分で簡単に塗り直すことができますし、ちょっとした汚れなら軽くこすれば落ちてしまうのです。「ちょっとひび割れが気になってきた」というタイミングで漆喰を練り、自分で塗り重ねていくのは意外と楽しい作業です。

その他にも、キッチンやバスルーム、リビング等にこだわりがちりばめられていると思います。「自分で出来るメンテナンスは、自分でする」というスタイルを身に付ければ、お気に入りの住まいを守り、育てて行く感覚を楽しめますので、よりいっそうリノベーションをしたことの喜びが大きくなると思います。