戸建住宅購入のポイント その1

新耐震基準に適応していても、 基本構造に問題がある物件もある。

中古の戸建住宅をリノベーションする方は、以下のようなポイントを事前にチェックするようにしましょう。最初にチェックしておくポイントは、耐震性能です。地震に強い家かどうかを見分けるには、その物件がいつ建てられたのか?を見ることである程度分かります。1981年(昭和56年)以降に建てられた物件であれば、「新耐震基準」を満たす物件であるため、それ以前の物件に比べて地震に対する強度が高められています。

ただし、ここでもう一つ注意しておくべきポイントがあります。床下や屋根裏、壁の内部の状態です。いくら新耐震基準で建てられた物件でも、床下や屋根裏にシロアリが発生していたり、壁の内部が結露などで腐食しているようでは、建物の耐久性に大きな問題があります。シロアリの被害は、名古屋を含む全国で拡大していますので、物件を購入する際には念入りにチェックすることが大切です。

どんな工法で建てられているかで、 リノベーションの自由度は左右される。

リノベーションは住宅をスケルトン状態にして、イチから住環境を作り出す作業になりますが、戸建住宅の中には、リノベーションに向いていない物件もあります。その代表的なものが、2×4工法(パネル工法)などで建てられた物件です。2×4工法(パネル工法)の物件は、柱や梁だけでなく、パネルそのものが構造体の役割を果たすものですから、間取りを変更しようとしても、パネルの位置や数によっては妥協をしなければならなく場合があります。

また、プレハブ工法という工法は、ハウスメーカー毎に条件が異なっており、こちらも同じように間取りの変更などの場面で制約を受ける可能性があります。リノベーションをするのであれば、従来からの木造軸組工法の物件を購入されることをおすすめします。主なチェックポイントをお伝えしましたが、その他にも細かい部分でチェックが必要なところがあります。そういった点も含めて、名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」では、知識と経験を持った設計士がきちんとサポートしますので、是非ご相談にお越しください。