デメリットはないのか?

デメリットについて納得していれば、
不安は解消され、満足度も大きくなる。

自分好みのテイストの住まいを、名古屋で賢くつくるリノベーションには、従来の住まいづくりや既存住宅の購入では実現できなかった、たくさんの魅力やメリットが詰まっています。魅力やメリットばかりに注目が集まっていますが、知っておいたほうが良いデメリットもいくつかあることは否定できません。それらを理解したうえで、名古屋でのリノベーションを検討していくと、より満足度の高い住まいと暮らしを手にすることができるはずです。

デメリットとして最初に挙げられる点としては、やはりベースとなる物件が「中古住宅」であるという点です。たとえばマンションの場合、リノベーションをすることで、その空間は新築時以上の快適性、機能性を持つことになり、理想の住空間で暮らせるという喜びを実感できます。そして、物件としての価値も大幅に上昇します。しかしながら、マンションそのものは新築ではないため、耐震性の問題などで不安を抱える場合もあります。

ただし、この問題については、物件を購入する前に「新たな耐震基準で建てられているのか?」「旧基準でも適切な補強やメンテナンスがされているのか?」といった点を確認しておくことでデメリットと感じる不安は解消できるでしょう。

ローンの利用は専門家に必ず相談。
入居までに約半年。余裕をもって準備を。

2つ目のデメリットは、ローンの問題です。リノベーションをする場合には、一般的な住宅ローンやリフォームローンが利用できなかったり、ローン金利が高くついてしまうといった場合があります。
もちろん、リノベーションでも利用できるリフォームローンもありますので、そういったローンについての取扱いや金融商品の知識を持っている業者に依頼することができれば、ローンの問題も無事に解決することができます。

3つ目のデメリットは、入居するまでにある程度の時間が必要になるという点です。中古住宅を購入するだけなら、すぐに引き渡しも可能ですが、リノベーションの場合は、マンション調査、設計・仕様打合せを行い、その後に工事が行われますので、物件購入から半年程度は入居ができない状態になります。この問題については、自由設計の戸建て住宅や、これから建設されるマンションを購入する場合と同じですので、それほど大きなデメリットに感じられることはないと思います。 世界にただ一つの憧れの住空間で、快適な暮らしと大きな喜びを実現するリノベーションをお考えなら、名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」へ是非ご相談にお越しください。メリットだけでなく、デメリットも包み隠さずお話して、お客様にご満足いただけるプランをご提案します。