もっとコストを抑えるには?

どこに、どれだけ予算をかけるか? 優先順位を決めてから工事に着手する。

コストを抑えて理想の住空間を想像できるリノベーションですが、「コストを抑えて」と言っても、中古住宅の購入、プランニング、工事、引越し・・・など、大きなお金が必要になる「人生の一大イベント」になります。そして、新たな住まいの完成はゴールではなく、新たな暮らしのスタートです。だからこそ、コストについては、抑えられるところはしっかり抑えておきたいもの。リノベーションをするにあたって、上手にコストを抑えるための必須のポイントは、「優先順位を決める」ということです。徹底的にこだわる部分と、そのままでも良い部分などを明確にし、「どこに、どれだけの予算をかけるのか?」をきちんと決めておきましょう。

工事が進むに連れて、ここも、あそこも・・・という欲が出るものですが、最初に優先順位を決め、しっかりとイメージを想い描いておくことが大切です。空間を一度スケルトンにして、新しい住空間をつくり出せるのが魅力になりますが、購入時点で「間取りに不満がない」などという場合には、そのままの間取りを活かしてリノベーションをすることも可能です。そういった意味でも、物件購入の段階からコストを意識しておくようにしましょう。

「自分でできることは自分でする」もあり。
工期に影響する部分は「仕上げ」を自分で。

リノベーションは、「どこにコストをかけるのか?」を自分で選択することができます。たとえば、ドアや床、壁などについて「そのまま使えるところは手を加えない」という決まりを設けることで、その分だけコストを抑えることができます。それでも、「壁紙を貼り替えたほうが良い」といった場面は多々出てきますが、それほどこだわりのない空間であれば、業者に相談して低コストで張り替えが可能な壁紙を選んでもらうといった方法もあります。リノベーションの機会を利用して、DIYにも挑戦したいという気持ちがあれば、自分で壁紙を貼り替えるといった対応も面白いかもしれません。

工事の途中でDIYをするという場合、工期にも影響してしまうことが考えられますので、すべての工事が終わってから、「色を塗る」「貼り替える」「部品を付ける」といった作業を行うのが良いでしょう。手の込んだ作業が必要な場合には、仕上げだけを自分で行うというのがベストです。上手にコストを抑えつつ、思い通りの住空間をつくりあげるためのご相談も、名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」にお任せください。経験豊富なスタッフが、色々なアイデアやヒントをご提供します。