いくらあれば、どこまでできる?

500万円でできる場合もあれば、 1,000万円で足りないこともある。

一般的にリノベーションの予算は、住宅の面積で決まることが多くなります。住宅の面積が60~70㎡くらいで600~800万円、80㎡を超えるような住宅であれば、800~1,000万円程度が大体の目安になってきます。ただし、リノベーションの内容はお客様のご要望やご予算、あるいは住宅の程度などによって大きく変化します。たとえば、もとの住宅そのものへの満足感が高く、500万円くらいで十分に納得できる場合もあります。

一方、住宅の傷みが激しく、修繕費などがかさんで1,000万円では足りないといったケースも起こり得ます。リノベーションそのものにかかる費用を抑えたいのであれば、物件選びの段階で、とことんまでこだわってみることが必要になってくるかもしれません。

空間全体のリノベーションでも、 800万円くらいで実現することは可能。

空間を丸ごとリノベーションする必要はなく、「リビングだけは徹底的に、自分好みの空間にしたい」といったご要望でしたら、500万円くらいから実現することができそうです。いくつかの部屋に区切られていた空間を一つの空間にして、カウンターキッチンなどを設置。家族みんなでくつろげる空間を作るなどといったことが可能になると思います。マンションの空間全体、戸建住宅の大部分に手を加えるのであれば、800万円くらいの予算で可能と思われます。間取りを最適なものに変更し、配管なども新しく取り替え、住まい全体の気密性・断熱性を高めるなどして、大幅に住まいの性能をアップさせることもできるでしょう。

ただし、特殊な作業が必要になるような工事を行ったり、豪華な設備や建材をふんだんに使ったりするようなことは難しくなります。予算が1,000万円以上になれば、ほとんどのことが思い通りになるでしょう。ただし、最初にお話ししたように、住宅の状態が悪いようであれば、その補修にコストがかかる可能性もあるので注意が必要です。資金計画、ローンのご相談も、たしかな知識を持ったスタッフが対応しますので、ご予算に応じてベストなプランをご提案できます。リノベーションをお考えなら、名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」にご相談ください。