注意が必要な施主支給

施主が自ら設備や建材を仕入れて、 イメージ通りに仕上げる「施主支給」。

理想の住空間をつくり出すリノベーションですから、キッチンやリビング、バスルームなどの各居室にはとことんこだわりたいもの。自分のイメージ通りの空間に仕上げるためには、設備や建材は自分の目でたしかめて、納得したものを選びたくなると思います。そんなときに使えるのが「施主支給」という方法です。リノベーションをする場合、通常ですと設備や建材は業者がメーカーに発注して、設置・施工されます。施主支給の場合は、施主が自分で設備や建材を仕入れて、業者に設置・施工を依頼します(設備や建材、場所などによっては、ご自身で設置・施工することも可能です)。

施主支給はご自身のイメージにマッチする設備や建材を、業者が取り扱っていない場合などに有効な手段となりますし、場合によっては施主支給のほうがコストを抑えられるというメリットもあります。ただし、注意しておかなければならないこともあります。

施主支給のメリットを活かすには、業者との協力・コミュニケーションが不可欠。

リノベーションで施主支給をする場合の注意点の一つ目は、設備や建材について、ある程度の専門的な知識が必要になることです。もちろん、専門知識がない場合は情報収集などをする必要があるので、リノベーションの工事を始めるまでに、それなりの準備や時間も必要になってきます。業者から設備や建材の見積りをもらった後で、「ネット通販などで仕入れたほうが安いのでは?」と思うこともあるでしょう。ところが、自分で仕入れた設備や建材を設置・施工するのは、特殊な加工が必要になって、かえってコストがかかってしまうというケースもあります。

また、工事の進捗などのタイミングを見計らって納品してもらうことが必要ですが、進捗が早まったり、遅くなったりしたことで工事の進捗に影響を与えることもあります。施主支給で設置・施工した設備や建材が原因でトラブルが発生した場合、業者が責任を負えなくなるというリスクもあります。

このように、「自分のイメージに合う」「安い」という理由だけで、施主支給をすると後の使い勝手やメンテナンスで苦労したり、余計な時間やコストがかかってしまうことにもなりかねないため、施主支給を検討する場合は、業者としっかり相談してから決めるようにしましょう。名古屋で多数のリノベーションを手がける「NAGOYA Renovation STUDIO」では、上手な施主支給の方法や、施主支給に協力的な業者の紹介なども可能です。理想のリノベーションを実現するために、「NAGOYA Renovation STUDIO」にご相談ください。