予算オーバーになる理由

プランニングのツメが甘いと、予算オーバーの状況を招きやすくなる。

リノベーションの魅力の一つは、何と言っても「低コストで、理想の住まいが手に入る」という点です。新築物件であっても実現させることが難しい、「思い通りの間取り」「憧れのデザイン」の住まいを低コストで実現できるからこそ、リノベーションの人気が日に日に高まっているのです。ところが、プランニングや工事を進めていくうちに、当初の予算を大幅にオーバーしてしまうことがあります。

意外とありがちなのは、リノベーションのプランニングの場面で、細部のツメが甘かったために、追加の工事を発生させてしまうといったケースです。「設計士と一緒に、細部にまでこだわって決めたハズなのに・・・」と思っていても、工事の途中で「何となくイメージと違う」「ここに収納が欲しい」といった欲が出て、ついつい予算を超えてしまったということはよくあります。また、キッチンやバスルームなどの設備や、床や壁などの建材を変更することで、思ったより高額になるといったこともあるでしょう。設備や建材のグレードが上がるだけなら良いのですが、設備や建材によっては工事費用も大幅に上がってしまうこともあります。

「プランニングに抜かりはないか?」「本当に必要なものかどうか?」「それをすることで、いくかかかるのか?」を意識することが欠かせません。

程度の悪い物件を購入してしまうと、 補修に余計なコストがかかる場合がある。

「思わず欲張ってしまい、予算オーバーしてしまった」ということなら、満足感も大きくなる分だけ、ダメージもそれほど大きくはないと思います。ところが、残念な理由で予算オーバーになることもあります。たとえば、「購入した物件が想定していた以上に傷んでおり、補修費用がかさんでしまった・・・」といったケースです。とくに戸建住宅でよくあるのが「床下の柱や壁の内側が腐食していた」といったものです。場合によっては、「柱の数(や強度)が不足している」といったこともあるようで、そうなると補修や補強に予想外のコストが必要になってしまいます。

物件を購入する際には、費用がかかる場合もありますが、きちんと専門家に調べてもらってください。そうすることで、余計なコストをかけずに、納得のいくリノベーションを楽しむことができます。これは改めてお話しするようなことでもないのですが、やはり、予算オーバーにならないための最善策は「ある程度の予備費用を用意しておく」ことです。上手な予算の組み方、予算の使い方は、資金計画の段階から設計士がしっかりサポートする名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」にお任せください。