予算はどのくらいかかる?

中古住宅の購入にいくらかかるか?
まずはそこを知ることから始めよう。

理想の住まいを手にしようとするとき、多くの方にとって、もっとも大きな悩みどころとなるのが予算、資金計画に関する部分ではないでしょうか。名古屋で中古住宅を購入し、賢くお金を使って理想の住まいを手に入れるといっても、大きなお金が必要になることは間違いありません。これから名古屋でリノベーションを始めようという方には、大体どのくらいの予算が必要になるのかを知っておくことが大切です。

当然のことながら、まず最初に必要となるのが、リノベーションをするための中古住宅です。「どんな住まいにしたいのか?」「そのための工事にはどのくらいの費用がかかるのか?」といったところに意識が傾いてしまう方も多いようですが、ベースになる中古住宅の購入にいったいいくら必要になるのかをしっかり考えておくことが大切です。中古住宅の値段は一概にいくらということは言えませんが、中古住宅を購入するには手数料や税金、登記費用などの諸費用がかかります。物件価格の10%程度を諸費用として考えておくと良いでしょう。また、住宅ローンを組む場合でしたら、その分だけさらに諸費用が上乗せされることになりますので、しっかりとした金融商品の知識を持った専門家に相談することが必要不可欠です。

工事費用は面積を目安に考える。 家電や家具もローンで購入が正解。

リノベーションの工事そのものにかかる費用は、住宅の面積によって変わってくるのが一般的です。広さが60~70㎡の場合は600~800万円、80㎡を超えるような場合は800~1,000万円前後を目安にしておくと良いでしょう。ただし、お客様のご希望やこだわりによって、目安となる金額は大きく変化していきます。
もちろん、名古屋でも500万円以下で気持ち良く暮らせるリノベーションが可能な場合もありますし、2,000万円以上をかけて徹底的に自分好みの仕様に仕上げていくことも可能です。どういったプランで、どのくらいのお金をかけるかといったことについては、設計士やコーディネーターなどとじっくり相談して決めていきましょう。

リノベーションの予算として考えられていないケースが多いのが、冷蔵庫や洗濯機などの家電製品や収納家具といったものです。これらについては、新居への引越しの際に新しくする方が多いのですが、それらを新しくすると結構な金額になっていきます。住宅ローンなどとは別に費用を捻出される方も多いのですが、それらの費用を住宅ローンに含めてしまうこともできる場合があります。できるだけ手元にお金を残しておくのも、賢いお金の使い方と心得ておきましょう。