注目される理由

日本の住宅の平均寿命は30年。
その原因は「住宅の品質」だけではない。

これから名古屋でリノベーションの住まいを手に入れようとしている方は、住まいについての学んでいく中で、「日本の住宅は寿命が短い」という話を聞いたことがあると思います。欧米諸国の場合、約80~100年以上もあると言われる住宅の平均寿命も、日本ではわずか30年程度と言われています。日本の住宅の平均寿命が短い原因は、住宅の品質にではなく、住宅に対する考え方にあります。

欧米諸国では、住宅が古くなったら修繕して住み続けるのに対して、日本では「家は新築のほうが良い」という考えのもとで、古くなった住宅を次々に建て替える「スクラップ&ビルド」を繰り返してきました。それが、日本の住宅の寿命が短い一番の原因です。ところが、そのような住宅に対する考え方は、時代の流れと共に大きく変わることになります。環境問題や資源の有効活用といったことが注目されるようになるのと同時に、日本は少子高齢化社会を迎え、これまでのスクラップ&ビルドが見直されることになったのです。

環境と資源を守り、適正に住宅を供給する。
そのための最適な方法がリノベーション。

住宅を壊すと、大量の廃材が発生することになり、その処分のために環境が犠牲になります。そして、新たに家を建てようとすると、それだけの資源が必要になります。きちんと修繕をすればまだまだ長く住める住まいを建て替えて、環境や資源に影響を与えることをできるだけ避けようとするように流れが変わったのです。

また、人口の減少が予測されるなかで、これまで通りに多数の住宅を供給する必要性もなくなっており、行政でも既存の住宅をいかにして有効活用していくかということに重点が置かれるようになっています。そのような流れの中で、リノベーションは「既存住宅の有効活用」の理想的で有効な手法として大いに注目されているのです。

また、日本では、ライフスタイルや価値感の多様化が進み、若年層を中心に「他の人とは違うもの」「オリジナリティーのあるもの」が求められています。そして、「日々の暮らしを、よりゆたかなものにしたい」「家族と過ごす時間を大切にしたい」といった考え方を持つ人も増えています。リノベーションは、そういった考え方を持つ人たちの想いをかなえる新たな手法としても注目を集め、人気がさらに高まっていくことは間違いありません。ですから、名古屋でリノベーションをするなら、いまが大きなチャンスです。名古屋の人気エリアで良質な中古住宅を手に入れ、ひと足早く理想の住まいを手にしてください。