シロアリ対策を施す

小さなシロアリが住まいにもたらす、 想像を超える大きなダメージ。

リノべーションによって実現した理想の住まいには、できるだけ長く住み続けたいものですが、そういった希望を打ち砕いてしまう厄介な存在が「シロアリ」です。シロアリは水や湿気のある場所、日光の当たらない場所に生息し、木材をエサにしています。そして、シロアリはどこからともなく飛来して、知らない間に床下や天井裏に侵入してしまいます。古い木造住宅の浴室周辺などが極端に劣化していたりするのは、床や柱をシロアリに食い荒らされているのが原因です。

そして、シロアリの被害に遭うと、床や柱の木材が食い荒らされてしまうことで、住まいの耐久性が著しく低下してしまいます。大きな地震によって倒壊する木造住宅の多くは、実はシロアリの被害に遭っていたことが原因で倒壊したといわれているほど、シロアリは住宅に深刻なダメージを与えるのです。

物件購入前の入念なチェックは必須。
薬剤散布をしないシロアリ対策も要検討。

リノベーションをするにあたって、戸建住宅を購入する際は、かならず床下や天井裏に潜って、シロアリの被害に遭っていないかを入念にチェックすることが必要です。専門業者に依頼して、徹底的に調査してもらいましょう。マンションの場合でも油断は禁物です。シロアリの被害は、昔はシロアリが生息していなかった北海道でも見られるようになるほど、全国的に広がっています。そして、マンションに発生するケースも増えているので、念のためにチェックをしておくようにしましょう。

戸建住宅のシロアリ対策としては、床下の通気性能を高めることや、気密・断熱を確実に行うことで、湿気の少ない住まいにするということが挙げられます。その他に、シロアリ用の薬剤を散布するという方法がありますが、この方法には大きな問題があります。ひとつは防蟻効果が約5年で薄れてしまうことです。防蟻効果がなくなると、再施工をしなければならず、これには手間と費用がかかります。

二つ目は健康への影響が心配されることです。シロアリ対策として散布される防蟻剤は強力なため、人によっては健康への影響が心配されます。最近は、住まいの周辺の土壌に防蟻剤を埋め込むという方法も登場しています。この方法であれば、防蟻効果が薄れても、防蟻剤を交換すれば良いですし、住空間に薬剤が入ってくるリスクも少ないため安心です。 名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」では、シロアリ被害が不安な方へのシロアリ対策のアドバイスもていねいに行います。シロアリ被害とは無縁のリノベーションを実現したいなら、「NAGOYA Renovation STUDIO」にお任せください。