断熱性・気密性をアップさせる

断熱材を敷き詰め、断熱性をアップ。
さまざまな種類があるので要相談。

リノベーションによって、一年を通して快適に過ごせる住環境をつくるには、断熱性をアップさせることが重要なポイントになります。マンションの場合も、戸建住宅の場合も、壁の内側や床下、天井などに断熱材を敷き詰めることで、断熱性を高めることができます。もともとマンションは戸建住宅に比べて、断熱性が高いと言われていますが、必ずしもそうとは言えない場合もあります。たとえば、最上階や角部屋の場合「夏は暑く、冬は寒い」空間になりがちです。そういった部屋の場合は、とくに念入りに断熱対策をしておきましょう。

リノベーションの際に断熱材を敷き詰めると言っても、「断熱材なら何でも良い」という訳ではありません。断熱材にもさまざまな種類があるので、施工する場所や期待する効果、さらには予算などによって慎重に選択することが大切です。断熱性を高めることができれば、エアコンを使用する機会が大きく減る場合もあり、光熱費の削減にもつなげることができます。また、バスルームやトイレなどの他の部屋との気温差がある場所では「ヒートショック」が起こるリスクも高まりますが、断熱性を高めることでリスクを減らすこともできるでしょう。

気密性アップで快適空間をつくるには、 効率の良い換気を考慮することも必要。

リノベーションで快適な住環境をつくるにあたって、もう一つのポイントになるのが気密性のアップです。断熱材をしっかり使って断熱性を高めたつもりでも、壁などの隙間が大きいなどの理由で気密性が低いようでは問題です。リノベーションをする前に、住まいをしっかり点検して、できるだけ隙間の無い状態にしておくようにしましょう。気密性をアップさせることができれば、室内の熱が失われることを防ぐのに役立ちます。

注意しなければならないポイントは、換気もしっかりできるようにしておくことです。気密性が高くなると、湿気や臭いなどが空間に留まってしまったり、カビや結露が発生したりすることが多くなります。そのような事態を防ぐために、効率良く換気ができる場所に換気扇を設けるようにしましょう。

とくにマンションの場合は、もともと空間内に設置されている換気扇が少ないので、設計士などと相談しながら適切な場所に設置するようにしてください。戸建住宅の場合、浴室や玄関の気密性を高めておくことで、床下や室内に湿気などが侵入することを防ぐことができ、快適性をアップさせたり、住まいの耐久性をアップさせることもできます。断熱性や気密性を高めるには、知識と経験が必要になります。名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」では、多数のリノベーションを手がけた設計士が、詳しく、分かりやすく断熱性・気密性アップに役立つ情報をご提供します。