健康志向の家にする

シックハウス症候群の不安は、 法による規制のあとも根強く残る。

これからリノべーションを始める方は、「家族みんなが、いつまでも健やかに、快適に暮らせる家をつくりたい」という想いをお持ちだと思います。ここでは、リノベーションをすることによって、「家族が健康に暮らす家」という大きな理想をかなえるためのポイントをいくつか挙げてみます。

せっかく新しい住まいを手に入れても、その住まいが原因で体調を崩してしまうことがあります。そのような状況を引き起こす原因として考えられるのは、住まいの建材、内装材などに使用されている塗料や接着剤などの化学物質が、住んでいる人の体に悪影響を与える「シックハウス症候群」です。一時期、シックハウス症候群は大きな社会問題となったこともあり、現在では法律によって化学物質に関する基準値が定められています。

そのため、現在では、シックハウス症候群になる可能性は大幅に低下しています。それでも、人それぞれの体質(アレルギーなど)によっては、必ずしも安心できるとは言えません。安心して暮らせる住まいへのリノベーションを考える場合は、できる限り塗料や接着剤を使わない方法を採用したり、使用する材料も化学物質が少ないものを選ぶようにしましょう。

化学物質だけでなくカビ・ダニにも注意。
自然素材の建材を使用したリスク回避を。

シックハウス症候群は、内装材などに使用される塗料や接着剤などの化学物質が原因であるとご説明しましたが、そのほかにも、室内で発生するカビやダニなどが原因であることも少なくありません。したがって、リノベーションをする住まいは、カビやダニが発生しにくい室内環境を作り出すことも大切です。マンションなどの場合は色々と制限があって難しい場合もありますが、戸建住宅のリノベーションをする場合は、通風・採光をイチから見直すなどして、より健康・快適な住まいに仕上げることもできます。マンションの場合も間取り見直したり、効率良い換気ができる工夫をしたりすることで、対応が可能です。

その他の方法としては、できる限り、自然素材の建材、内装材を使用するということが挙げられます。無垢材の床や柱を使い、壁には漆喰を塗るなどの方法を採用して、人工物や化学物質を使わないようにします。それらは湿度の調整にも大いに役立つので、カビや結露を抑えることも可能になります。名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」には、多数のリノベーションを手がけた専門家が在籍しており、それぞれが健康で快適な住環境を実現する方法をご提案できますので、実際にご来店のうえご相談ください。