戸建物件なら窓の数・面積も変えられる。
デザインの前に、まずは断熱性にこだわりたい。

制約のない戸建物件のリノベーションをする際には、窓にこだわってみることもおすすめです。もともと窓の少ない物件だった場合は、窓の面積を広げたり、窓を新たに追加したりすることで、明るく開放感のある空間をつくることができます。

ただし、窓の面積を広げたり、窓を新たに追加する場合は、物件の耐震強度を考慮する必要があるので注意が必要になります。リノベーションで窓やサッシを交換する場合は、高い断熱性を持った複層ガラスにすることで、断熱性をアップさせることができ、室内の熱が外に逃げにくくなります。住まい全体の断熱性もアップしておくと、高熱費の削減も実現できるので家計にも優しい住まいにすることができます。デザインについては、各社からさまざまな種類の窓枠やサッシが販売されていますので、空間のコンセプトにマッチするものが見つかるはずです。

窓やサッシに制約があるマンションでも、工夫次第でイメージ通りに仕上げられる。

マンションのリノベーションの場合、窓やサッシについては基本的に共用部分となっていることがほとんどで、戸建住宅のように自由に手を加えることが難しいのが実情です。だからといってイメージ通りの空間にすることを諦める必要はありません。サッシの交換ができない場合でも、窓ガラスを交換することが認められているマンションもあります。断熱性、エコ性能は欠かせないものですから、管理組合などに相談してみると良いでしょう。

サッシや窓枠を交換できない場合は、内窓(二重窓)を設置するという方法があります。内窓は既存の窓枠のサイズに合わせて、もうひとつ窓枠とガラスを取り付けるという方法になりますから、既存の窓枠の存在を消すことができ、イメージ通りに空間に仕上げることが可能になります。各社からさまざまなデザインの窓枠が販売されていますし、DIYで窓枠を取り付けることもできます。

また、内窓を取り付けることで窓ガラスを交換するのと同じかそれ以上の断熱効果も期待できます。もちろん、名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」では、リノベーションで内窓を設置した経験も豊富です。どのような条件でも、理想の空間に仕上げることができますから、遠慮なく設計士にご相談ください。