洗面所・脱衣所

バスルームやトイレの近くにあれば、収納スペースを上手に使うことができる。

洗面所・脱衣所については、リノベーションをする際に、バスルームと一緒にプランニングをしておくのがポイントです。水回りをできるだけ近づけたい、あるいは1個所に集中させたいといった場合は、バスルームとトイレ、洗面所・脱衣所をまとめてしまうという手もあります。これらの部屋を1個所にまとめておくと、日常的に使う洗剤、シャンプー、タオル、トイレットペーパーなどを収納する場所も1個所にまとめることができて便利です。

戸建住宅の場合なら、床下収納庫などを設置することで、収納力を大幅にアップさせることも可能になります。洗面所でメイクやカラーリングをするような場合は、色がつきにくい素材の設備を選ぶことが大切ですし、仕上がりをきちんと把握できるように、照明の色や鏡の位置、数などにも気を配っておきましょう。いずれにしても、家族全員が毎日使う場所ですから、リノベーションをする際には、一人ひとりの使い勝手を考慮して検討を重ねていく必要があります。

水や湿気に強い素材を使うことが必須。
洗濯機の設置場所は慎重に検討すること。

洗面所・脱衣所のリノベーションで気を付けておきたいのは、洗面所・脱衣所は非常に湿気の多い場所であるという点です。床や壁には、水や湿気に強い素材を使用することは必須といえます。

また、湿気が多い場所はカビが生えたり、木材が腐食したりする可能性もあるため、換気対策を十分に行っておきましょう。スイッチや家電製品などについても、水や湿気に強いものを選ぶことが大切です。洗面所・脱衣所には洗濯機を設置することも多くなりますが、洗濯機を置くスペースは慎重に検討する必要があります。スペースが小さすぎると、主流になりつつあるドラム式洗濯機を設置できない場合があるからです。

また、ドラム式洗濯機は大きいだけでなく重量もあるので、場合によっては設置場所を補強する必要があるかもしれません。名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」では、これまでのリノベーションで培った経験をもとに、設計士がていねいにヒアリングとプランニングを行い、より満足度の高い洗面所・脱衣所のリノベーションをご提案します。