トイレ

トイレは住まいで“もっとも狭い部屋”。
少しのゆとりを持たせる工夫が必要。

住まいでもっとも広い部屋はリビングですが、もっとも狭い部屋といえば、やはりトイレになるはずです。もっとも狭い部屋ではあるものの、家族全員が毎日必ず使う部屋ですし、トイレがキレイで過ごしやすいと何かと気分も良くなるものですから、しっかりとこだわってリノベーションをしていきましょう。トイレは狭い部屋であることは間違いないのですが、できれば少しゆとりのある広さが欲しいので、リノベーションで間取りを変更する場合には、上手にゆとりを持たせるプランニングを依頼しておくと良いでしょう。

トイレットペーパーや掃除道具などを収納できるスペースを設けたり、小さな手洗いカウンターなどを設置できるスペースが確保できれば、トイレを想像以上に快適な空間にすることができます。子どもやお年寄りがいるご家庭なら、手すりを設置しておくと安心です。最近はトイレにも便利な機能が備わっている場合があるので、電気の配線、コンセントなどの増設・配置なども考慮しておきましょう。

汚れに強く、掃除がしやすい設備と素材を選ぶこと。換気対策も忘れずに。

トイレをリノベーションする場合、可能であれば便器を新しいものに取り替えてしまうことをおすすめします。家電製品などと同じように、便器も時代とともに大きく変化しており、水の使用量を大幅に減らすことができたり、汚れがつきにくくなったり、デザイン性が向上していたりしています。仕様はメーカーによってじつに様々ですので、じっくりと検討してみてください。新たな発見もあるはずなので、意外と楽しめるものと思います。トイレをリノベーションする場合、デザイン的な要素と一緒に、清潔さを保つことも考慮しておきましょう。便器に近い床や壁は汚れに強い、あるいは、掃除がしやすい素材を使うといったことは基本になります。

また、トイレは水を使う場所でもありますし、通風や採光でどうしても不利になる場所ですから、換気扇の取り付けやドア下部に隙間を設けるなどの基本的な対策は忘れずに行っておきましょう。トイレからの音への対策も取っておくと、階下や他の部屋に音が漏れることもないので安心です。なかなかイメージを固めるのが難しいトイレのリノベーションですが、名古屋「NAGOYA Renovation STUDIO」で設計士にご相談いただければ、オシャレで快適なトイレを実現することができます。