収納

雑然としがちなキッチンには、収納スペースを必ず設けておくこと。

リノベーションによってイメージ通りの空間ができあがったとしても、収納スペースが足りないようなら、新たに収納用の家具を購入することになったり、空間のあちこちに物を置くことになってしまいます。せっかくの空間を台無しにしないためにも、リノベーションに取りかかる段階から、収納スペースを上手に確保するようにプランニングを行うことが大切です。日常生活を送るうえで必要なものが雑然と並びやすい場所のひとつに、キッチンがあります。キッチンの収納が足りずに雑然としてしまうと、リビング・ダイニングにまで影響が出てしまうので、キッチンの収納スペースは重要なポイントです。保存食や調理器具、洗剤などをすっきりと片付けられるパントリーをキッチンの背面に設けておけば、キッチンに物が溢れるといった問題は解決できると思います。

パントリーは奥行きがそれほど深くなくても構いません。奥行きが深いと使い勝手が悪くなる場合もあるので、動線とのバランスを考えて奥行きを決めると良いでしょう。無理にパントリーにしなくても、壁面に食器棚を造り付けるという方法もありますので、空間の面積やデザイン、使いやすさなども考慮して最適な形で収納スペースを設けてみましょう。

市販の家具を据え付ける場合は、工事が始まる前にサイズや位置を決める。

リノベーションは空間を自由自在にアレンジできるというメリットがありますが、低コストで理想の空間をつくりあげたい場合は、市販の家具を上手に取り入れることがポイントです。たとえば、大型の本棚やオープン棚を購入して、壁に据え付けるという手法がおすすめです。その場合、工事が始まる前に空間にマッチするデザインや色の本棚やオープン棚を決めておき、業者にサイズなどを伝えておきましょう。そうすることで、空間に違和感なく馴染むように上手に工事をしてもらえることが多くなります。棚を動かせるようにするといったアイデアが出てきたり、照明の位置を調整したり、事前にどんなものを、どこに取り付けたいかを伝えておくことで、よりよい空間に仕上げることができます。

もちろん、先にお話ししたキッチンの収納に関しても同じです。気に入った食器棚が見つかった場合には、工事が終わってから搬入するのではなく、工事を始める前にサイズなどを業者に伝えておくほうが良いでしょう。リノベーションで収納力をアップさせるには、壁面を上手に活用するのもポイントです。玄関、バスルーム、脱衣所、寝室のほか、廊下の壁面に収納スペースを設けておくと、想像以上に収納力をアップさせることができます。名古屋で多数のリノベーションを手がけてきた「NAGOYA Renovation STUDIO」では、収納力アップとデザイン性の高さを両立させた、理想的な収納スペースをご提案します。