屋根

メンテナンスが不十分なことが多い屋根。
物件購入前のチェックと十分な対策を。

戸建住宅のリノベーションを行う前に、必ず手を入れておきたいのが屋根の部分です。屋根は、これから長い時間を過ごす大切な住まいを守る大切な部分であるため、購入前の段階から屋根の状態をしっかりと見極めて、適切な処置を施しておくことが重要なポイントになります。というのも、屋根のメンテナンスをしっかり行っている物件は、実はそれほど多くもなく、見た目以上に屋根が傷んでいることも珍しくはないからです。

もちろん、屋根が傷んでいると、雨漏りが起こる可能性は高くなりますし、既に雨漏りが発生している物件の場合、屋根裏や壁の内側などに大きな影響があることも考えられます。屋根の状態をしっかりチェックしてから、リノベーションの工事を行い、安心して長く住める状態にしておくことが大切です。イメージ通りの外観への工事を行う際は、屋根の材質や塗装の方法にもこだわってみましょう。できるだけ長く良い状態を保つことができれば、それだけメンテナンスにかかる手間や費用が少なくて済むことになります。

屋根はできるだけ軽く仕上げるほうが安心。
住まいの性能アップを目指して、もうひと工夫を。

リノベーションで屋根の工事を行う場合、屋根はできるだけ軽い材料を使って仕上げることが理想的です。屋根が重くなると、住まいの重心が上のほうに偏ってしまうので、地震が起こった際の揺れの影響が大きくなります。名古屋市内では積雪の心配がほとんどありませんが、積雪が心配な地域の場合は、雪が屋根から落ちない構造の屋根にすることもできます。このような屋根の場合、ある程度の雪の重みにも耐えられ、雪が溶けると屋根の中央部分にあるパイプから、溶けた雪が水になって排出されるという仕組みです。

また、ここ数年で普及が進んでいる太陽光発電パネルを屋根に取り付けて、家庭用の電力を太陽光でまかなうことも検討してみるのも良いでしょう。リノベーションをする際、デザインはもちろん大切な要素ではありますが、住まいの性能を引き上げて、より快適な暮らしにすることも目的のひとつですから、屋根の役割と機能性を高めることも考えておきましょう。名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」では、戸建物件のリノベーションのご相談も承っています。安心して、永く暮らせる住まいをご提供するために、屋根の素材選びから徹底的にこだわった住まいのご提案を行います。