照明

照明の具体的なイメージが難しい場合は、専門家と一緒に、慎重に検討を重ねよう。

リノベーションには、空間全体を自由にコーディネートできるという大きな魅力があります。間取りを全面的に見直すことができるうえに、壁紙、床材、家具、その他の設備まですべてを思い通りにすることができます。そのように聞くと、色々とイメージが膨らんでくるものですが、照明については、なかなか具体的なイメージを描くことが難しいかもしれません。照明は位置や数、照明の色、電球の種類などによって大きく変化しますから、専門家と一緒に慎重に検討していくようにしましょう。

これまでは、ひとつの空間を、ひとつの照明で照らすというのが一般的でしたが、リノベーションをすることで自由に照明を設置できるようになるので、複数の照明でひとつの空間を照らし、表情を付けるということも可能になります。これまではシーリングライトだけで照らしていた空間に、ダウンライトやスポットライトなどを設置することで、光の演出を楽しむことができます。

照明の種類は目的によってさまざま。
安全性や経済性も考慮して選びたい。

従来のシーリングライトは、部屋全体を広く照らすことができるというメリットがありますが、どうしても天井から大きく張り出してしまいます。とくに天井高に余裕がない空間では、圧迫感が気になります。それほど広さがない空間であれば、天井に埋め込むダウンライトに変えることで、天井をフラットにして空間のゆとりを演出でき、柔らかい光で空間を照らすこともできます。ダイニングには天井から吊り下げるペンダントライトを使って、テーブル付近を集中して照らすことも検討してみましょう。料理を美味しく見せることもできますし、照明にメリハリをつけることで空間全体に落ち着いた雰囲気を演出できます。
リノベーションを機会に、壁に絵や写真を飾るという場合には、スポットライトを使って、それらをより印象的に見せることもできます。安全面を考えるならフットライトなどを設置するのも良いでしょう。

また、リノベーションで省エネを実現したいなら、従来の蛍光灯や白熱灯の使用をやめ、すべてLED化するという方法もあります。 照明を変えることによって、空間にさまざまな表情を与えることができますので、リノベーションの際は設計士などの専門家と一緒に、照明にこだわってみましょう。設計士がしっかりとお話をお伺いする名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」で、お客様のイメージに合う照明をコーディネートしてください。