キッチン

デザインやコーディネート以上に、使い勝手の良さにこだわっておきたい。

理想としていた暮らしを、思う存分楽しめるリノベーションをする際、とくに女性がこだわりたいのがキッチンではないでしょうか。最近では、趣味で料理を楽しむ男性も増えていることもあって、キッチンに徹底的なこだわりを持つ方がますます増えています。インターネットや雑誌などでキッチンの施工例などを見ながら、どんなキッチンにしようかと考えているだけでもワクワクしてくると思います。

しかし、キッチンのリノベーションでもっとも大切になるのは、新築やリフォームなどと同様で「導線」です。どんなに素敵なデザインや機能を持ったキッチンであっても、いつもの炊事やご家族構成などを考慮せずに設計してしまうと、せっかくのキッチンも居心地の良い場所ではなくなり、次第に足が遠のくようになってしまうことにもなりかねません。ご家族と一緒に末永く、毎日使っていくキッチンですから、しっかり使えるキッチンにすることを一番の目標にしましょう。

導線、コミュニケーション、収納力・・・。 キッチンは考えることが多くなる。

リノベーションをするにあたって、キッチンをどのようなスタイルに仕上げていくかは、もちろんお客様のお好み次第です。広々と開放的なオープンキッチンも人気ですが、お客様の目線が気になる・・・という場合には、独立型やセミオープンキッチンにすると良いでしょう。小さなお子様やお年寄りがいらっしゃる場合は、対面型キッチンが良さそうです。色々とご希望があると思いますが、まずは基本的なスタイルを決めてから、ディテールにこだわっていくのが良いかもしれません。

また、キッチンについてプランニングする場合は、リビング・ダイニングとの関係もしっかり考えるようにしましょう。リビング・ダイニングとキッチンを合わせた全体での広さと、デザイン面でのコーディネート、そして、最初にお話をした導線といったことなどについて、トータルで検討していくことが必要です。

また、導線と一緒に考えておきたいのが、収納です。キッチン周りは食品のストック、キッチン用品、ゴミ箱などで溢れかえることが多いので、できるだけ使いやすい場所に、できるだけ大きな収納を用意することも考えてみましょう。デザイン性と機能性に優れた、そこにいるのが幸せになるキッチンは、名古屋で多数のリノベーションを手がけてきた「NAGOYA Renovation STUDIO」にお任せください。家族みんなで楽しく料理ができるキッチンのリノベーションをご提案します。