和室

和室は文字通り「和み」の空間。
既成概念にとらわれず、柔軟なアレンジを。

室内の壁や柱、床や設備などをすべて取り払い、スケルトンの状態からリノベーションを行う場合、これまでになかった空間をイチからつくりあげることができます。ここ最近のマンションでは少なくなってきているとは言え、根強い人気があるのが和室です。和室を希望される方にお話を伺うと、住まいの中に和室があるとホッと一息つけるという声や、住空間のアクセントとして和のテイストを取り入れたいという声、リビングやダイニングのそばに和室があると、ゴロ寝ができてリラックスできるという声も聞かれます。

リノベーションで和室を新たにつくる場合、従来の日本家屋のような「純和風」にこだわる必要はありません。和室は思っている以上に、無垢材の床、漆喰や板材の壁などにもマッチしますので、周りの空間の色や素材、デザインなどに合わせて、柔軟にアレンジすることができます。

和室に欠かせない畳はサイズが豊富に。
障子や襖、照明などの組合せを楽しもう。

和室といえばやはり畳が重要なアイテムとなりますが、最近は畳のサイズも豊富で、思い通りにコーディネートできるようになっています。また、和室の中央部だけを畳みにして、周囲をフローリングで囲んでみたり、掘り炬燵にしてみるといったこともできますから、リノベーションでどんな和室にしたいのか、イメージを膨らませてみてください。

和室につきものの障子や襖などについては、さまざまなカラーを楽しめますし、美しい和柄が映えるものも数多くありますので、空間全体のイメージに合うものを選んでコーディネートを楽しむことができます。和室の照明といえば、純和風の「吊り下げ式」の照明を想像しがちですが、シーリングライトにも和のテイストを持ったものがありますし、埋め込み式の照明にして天井をすっきりさせるのも良いでしょう。

自由自在に空間を作りあげることができるリノベーションですから、従来の「和室」のイメージにとらわれることなく、自分たちだけの心安らぐ和の空間をつくりだせるよう、随所に工夫を凝らしてみましょう。多数のリノベーションを手がけてきた名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」が、世界にただひとつの「和みの空間」をご提案します。どんなご要望でも、遠慮なく設計士にご相談ください。