家具

空間ができあがってから家具を選ぶと、ミスマッチの不満を抱える可能性がある。

リノベーションでつくりあげた理想の空間を、さらに引き立てる重要なポイントになるのが、そこにしつらえる家具です。空間全体のデザイン、壁や床の色や質感にマッチする家具を選ぶことで、そこで暮らすことが楽しくなる、イメージ通りの空間づくりが完成します。家具の選び方についてはいくつかの方法があります。

まずは、アンティーク家具やデザイナーズ家具など、先にお気に入りの家具を選んでおくという方法です。本当に気に入った家具がある場合は、そのデザインや雰囲気に合わせてリノベーションをして、お気に入りの空間を作っていくという方法を採ることもできます。一般的なのは、プランニングや設計と並行して、空間や暮らしに合った家具を選ぶという方法です。

空間ができあがってから家具を選ぶという方法では、家具のサイズや色が空間とマッチせず、何らかの不満を抱えながら暮らしていくことにもなりかねません。リノベーションをする際は、家具を後から選ぶということはなるべくしないほうが良いでしょう。

世界にひとつの空間に合わせるのは、世界にひとつの造り付けの家具という選択も。

もっとも理想的なのは、リノベーションに合わせて造り付けの家具をしつらえるという方法です。造り付けの家具にすれば、空間全体のデザイン、壁や床の色や素材感に完璧にマッチした家具を手にすることができます。造り付けの家具の場合、サイズや使い勝手などについても、空間全体のバランスを考えながら、無駄なくしつらえることができるので、収納力のアップや空間の有効活用も実現できて、より快適な空間をつくりだすことにもつながります。

ただし、造り付けの家具は既製品の家具よりもコストがかかることも多いので、コストをどうするかという点については検討が必要です。そうは言っても、世界にただひとつの空間ですから、オリジナルの造り付けの家具をしつらえるのは非常に価値のあることだと思います。すべての空間でなくても、収納力やデザイン性を重視する場所に絞って、造り付けの家具をしつらえるというのも良いでしょう。世界にただひとつの空間に調和する、世界にただひとつの造り付け家具をお望みなら、名古屋でリノベーションを手がける「NAGOYA Renovation STUDIO」でご相談ください。デザイン性と品質を高次元で融合させた、あなただけの家具をご提案します。