自然の風合いが活きる無垢材の床が人気。
使用する場所には多少の考慮が必要な場合も。

空間の印象を大きく左右する床ですが、最近ではリノベーションをする方の大半が無垢材の床を採用しています。無垢材の床は木の温もりを感じられるだけでなく、自然素材なので健康にも安心という大きなメリットがあります。また、床に座ったり、寝転がったりしても肌ざわりが良いというのもポイントになります。汚れたり、凹んだりした場合でも、表面を削れば済みますし、時が経つに連れて出てくる味があるので、長く付き合っていくことができます。

ひとことで無垢材といっても、実にさまざまな種類があり、色や模様、ツヤの有無、硬さなどに特長がありますので、リノベーションによってつくりあげる空間のイメージを膨らませながら、専門家と相談をしながら選んでいくのが良いでしょう。

なお、空間の床面全体を同じ無垢材で仕上げることが理想的ではありますが、たとえばバスルームや脱衣所といった水や湿気の多い場所については、水や湿気の影響を考えて、無垢材ではないものを選択するというのも選択肢として考えるのも良いでしょう。住まいは見た目だけでなく、機能性を考えることも必要ですし、長く住むことを考えると、メンテナンスのしやすさなども考慮に入れたほうが良い部分もあるからです。

自然素材ならではのメリットがデメリットに感じられる場合は見送りを。

美しい色や木目、柔らかい雰囲気、素足にも優しくあたたかい素材感など、無垢材にはたくさんのメリットがあります。無垢材の床が使われているリノベーション後の住まいの写真を見ているだけで、「こんな家に住みたい」という気持ちが湧いてくるのも理解できます。ただし、無垢材の床はどうしても湿度の関係で隙間ができたり、きしみ音がしたりすることがあります。

また、手入れは簡単ではあるものの、柔らかいものだと傷が付きやすいというのも事実です。傷が付いたり、隙間ができたりすることが気になったり、ワックスを塗るなどのメンテナンスをするのが面倒に感じられたりする場合には、無垢材の床を採用する必要はありません。床暖房を入れたいという希望があるなら、無垢材は最初から検討から外しましょう。そのほうが、後になって後悔してしまう可能性が少ないと思います。無垢材の床に憧れるけど、傷や隙間が気になるといった具合に迷っている方は、名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」の設計士がじっくりとお話を伺って、最適なプランをご提案します。これまでのリノベーション事例などをもとに、ご納得いただけるプランをご提案しますので、是非1度お立ち寄りください。