ダイニング

キッチン、リビングとの統一感が大切。
ゆとりを考え、キッチンとの一体化も。

リノベーションによって生まれた理想のキッチンで、腕によりをかけて作った料理を楽しむダイニング。ダイニングは、キッチンやリビングと並んで、多くのお客様がとくに強いこだわりを持つ部屋になります。キッチンとリビング、ダイニングの3つの部屋は、何らかの特別な理由が無い限り隣接することになるため、できる限りデザインやコーディネートに統一感を持たせておくことが大切です。

また、キッチンは炊事をしやすく、リビングはのんびりくつろげるようにと、それら2つの部屋を大きくしてしまうと、圧迫感のあるダイニングで食事をするといったことになるため、3つの部屋の広さのバランスにも気を配ることも必要になります。リビングに大きな面積を取りたいということであれば、カフェのようなスタイルで、ダイニングとキッチンを一体化するという手もあります。ご家族あるいはお友達と一緒に、美味しく、楽しい時間を過ごせる理想のダイニングを、リノベーションで上手に作り出していきましょう。

多目的に使用する場合は収納がカギ。
少しの工夫で機能性や使い勝手が向上。

ダイニングルームはリビングと同じように、家族が集まり、ゆったりとくつろぐ空間です。食事をするだけでなく、パソコンをしたり、読書をしたりといった目的で過ごすこともあるでしょう。そのため、ダイニングのリノベーションを行う場合には、上手に収納スペースを設けることも検討してみましょう。壁面に収納を設置したりしておくと片付けも上手にできるようになるでしょう。

なお、収納は大きいほうが便利そうな気がしますが、あえて腰くらいの位置まで高さを抑えるといった工夫をしておくと、観葉植物やお気に入りの雑貨を飾ったりすることもできますし、本やパソコン、テレビなどを置いておくこともできるようになります。ダイニングのリノベーションの際は、雰囲気だけを重視することなく、キッチンと同じように機能性や使い勝手の面も十分に考慮しておくほうが良いでしょう。楽しく、美味しく、ゆったりとくつろげるダイニングをリノベーションで手にしたい方は、名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」でさまざまな事例をもとに、理想のダイニングを実現してください。