天井

天井の高さで開放感が大きく変わる。
色や素材にもこだわって理想の空間に。

天井はリノベーションで理想の住空間をつくる際の大きなポイントになる部分です。天井の高さが高ければ、その空間にゆとりや開放感が生まれます。リノベーションをする物件が、天井の高さを変えることができる物件であれば、天井を高くすることをおすすめします。床に断熱材を入れたり、床暖房を導入するような場合は、床が高くなりますから、天井を高く取る必要があります。部屋によって天井の高さを変えて、メリハリを付けるというのも面白いかもしれません。

また、天井の色や素材などによって、空間の印象は大きく変わってきますから、空間全体のコンセプトに合わせて、天井の色や素材にこだわるのも良いでしょう。キッチン、リビング、ダイニング、寝室など、部屋の使い方を考慮して、天井の仕上げやデザインをじっくり考えてみるとリノベーションがさらに楽しくなるはずです。

快適性・経済性アップに欠かせない断熱。
天井にも十分な断熱対策を施しておきたい。

環境や家計に優しい住まいへのリノベーションを考える場合は、断熱対策をしっかりと行うことが大切です。とくに、角部屋や最上階の場合には、どうしても夏は暑く・冬は寒い空間になってしまうので、断熱性をアップさせることがとても重要です。

断熱性を高める場合には、床や壁に断熱材を敷き詰めることが想い浮かぶと思いますが、天井裏にもしっかりと断熱材を敷き詰めるようにしておきましょう。天井の断熱をしっかりしておくと、マンションの最上階でも暑さを防げるので、快適に過ごせるというだけではなく、夏場の光熱費を抑えることもできます。どのような断熱の方法を採用するのかによって、費用は大きく変わってきますので、コストとのバランスも考えながら天井への断熱を行いましょう。

天井のデザイン、断熱などについては、名古屋で多数のリノベーションを手がけた「NAGOYA Renovation STUDIO」の設計士にいつでもお気軽にご相談ください。イメージの実現とコストのバランスなどをしっかりと考えながら、満足度の高いご提案をお約束します。