ベランダ

あまり意識されることのないベランダ。
手を加えると空間の満足度がアップする。

理想の住空間をつくりあげるリノベーションと聞くと、お洒落で機能的なキッチン、広々としたゆとりあるリビング・ダイニング、明るく清潔感あふれるバスルームなどが想い浮かぶことと思います。多くの方がそれほど意識することがないものの、リノベーションの際に是非ひと手間加えておきたい場所がベランダ(バルコニー)です。ベランダは洗濯物を干すだけの場所になっている場合も多いのですが、空間全体のコンセプトに合わせて少し手を加えるだけで、住まいの重要なスペースの一部に変えることができます。リビングや寝室などの部屋の窓から、お洒落なベランダが視界に入るというだけでも、より満足度の高い住空間にすることができるはずです。

なお、ベランダは日光や風雨に直接さらされる場所ですから、床材などが傷んでいる可能性が高くなります。可能であればリノベーションの際に、耐候性が高い真新しいものに変更しておくと良いでしょう。ただし、ベランダは共用スペースになることから、手を加えることがどこまで許されるのかについて、マンションの管理規約などをもとに調べておくことが必要です。

ベランダは簡単作業で雰囲気が変わる。
日光や風雨の影響、非常時を考慮した工夫を。

ベランダにある程度の自由度が確保されている場合には、ベランダのリノベーションにチャレンジしてみましょう。何の飾り気もないグレーの床では物足りないという場合は、屋外用のタイル(バルコニータイル)などを貼ってみると、ベランダの雰囲気はがらりと変わります。タイルと壁などの隙間が気になる場合は、ホームセンターなどで販売されている庭用の石などを敷き詰めてみると、見映えがさらに良くなると思います。自然素材の雰囲気を出したいという場合には、ウッドデッキ調の床材などを選ぶのが良いでしょう。ベランダは日光や雨風の影響を受けるので、本物の木材の使用はあまりおすすめしません。

また、人工芝のようなものを敷く方もいらっしゃいますが、ゴミやホコリが溜まる原因になる場合があるので、こちらもあまりおすすめできません。なお、ベランダは万が一の際の避難経路になっていることも多いので、そのようなベランダでは、大きな鉢植えなどを設置することは控えたほうが良いでしょう。ベランダのリノベーションについても、名古屋の「NAGOYA Renovation STUDIO」で、しっかりとサポートさせていただきます。