マンションリノベーションで、
できること、できないこと

「専有部分」「共有部分」をまず知っておこう。

マンションリノベーションで、まず注意しておきたいことは、マンションには専有部分、共有部分があるということ。
お客様ご自身が所有している専有部分と、管理組合が所有している共用部分がどこであるか、どこまでリノベーションができるのかを把握しておくことが大切です。

リノベーションできる
専有部分

住人が所有している部分
(一般的に玄関の内側〜ベランダの手前までの部屋)

  • 天井、床、及び壁は躯体を除く部分
  • 玄関扉は鍵及び内部塗装部分
  • 窓枠及び窓ガラスは専有部分に含まれない。

リノベーションできない
共用部分

管理組合が所有

  • 玄関ホール、廊下、階段、エレベーターホール、ない外壁、 界壁、床スラブ、 基礎部分、バルコニー、ベランダ、屋上テラス、車庫等専有部分に属さない 「建物の部分」
  • エレベーター設備、電気設備、給排水衛生設備、ガス配管設 備、火災警報 設備、インターネット通信設備、ケーブルテレビ設備、宅配ボックス、集合 郵便受け箱など専有部分に属さない「建物の付属物」
  • 管理事務室、管理用倉庫、集会室およびそれらの付属物

「専有部分」でリノベーションできる部分、できない部分

専有部分でもスペース、パーツによっては、リノベーションができる部分とできない部分が存在します。
一般的な見解で、できる部分、出来ない部分をご紹介しますが、管理組合によって規定が決められている場合があるのでくわしくは確認することをおすすめします。

マンションリノベーションでよくある気をつけたいポイント

次に、具体的にお客様からよくご要望をいただくリノベーションのポイントについて紹介します。
内容によっては専門業者や管理組合に相談が必要なケースがありますので注意が必要です。

間取り変更

構造的に問題がなければ、間取りの変更は可能です。物件の構造によって、比較的自由に変更できるものと制約がでるものがあります。

水回りの移動

床下に巡らせた排水管がどこまで移動できるかで、水回りの移動範囲が決まります。どこまでできるかは専門の業者に見ていただくことをおすすめします。

IHクッキングヒーターに変更

IHへの変更は、電気容量のアップが必要です。多くのマンションでは全体の容量が決まっているので、事前に管理組合に確認が必要です。

バリアフリーに変更

床を下げることはできないので、高い床に合わせて低い床を上げる事になります。その為、天井と床の距離が縮まり、圧迫感を感じることもあります。

床材の変更

床を張り替える場合は、入居マンションの管理規約を確認しましょう。床材の性能を規定したり、変更そのものを禁止しているケースもあります。

玄関ドア・窓サッシ・ベランダ

外から見える場所にある玄関ドアや窓サッシ、ベランダは共有部分になるので取り替えることはできません。

疑問に思うことがあればリノベーションの専門家と相談しよう

このようにマンションリノベーションにおいては、専有部分、共有部分の概念がある以上、それぞれの部分において、できること、できないことが細分化されており、内容によっては 専門家の判断を仰がなければならないケースも数多くあります。 ご自身でプランに対してお悩みの場合はNAGOYA Renovation Studioにお越しください。リノベーションを熟知した一級建築士をはじめとした専門家が一緒になってあなたの理想のリノベーションプランをお手伝いいたします。